03-5949-3951
インターネット上の業務妨害から会社を守るには。

個人情報の漏洩などのトラブルの影響

個人情報漏洩などの大きなトラブルを発生させてしまうと、社名や店名で検索したときの検索結果が関連したニュースばかりになってしまうことがあります。 インターネット上でできるだけ早く謝罪と今後の対応について説明することが、このようなトラブルの基本的な対処方法です。

他のニュースサイトなどが上位に表示されてしまうくらいなら、誠実に謝罪している自社のページが表示されていたほうが印象がよいです。 若干過剰に思えるくらい何度も経過報告をする姿勢を見せることで騒動を早く沈静化させられます。

多くの従業員がブログやSNS、Twitterなどで社名を出して情報発信しているような会社の場合、 社内で早急に正式な回答を用意し周知、共有するようにしてください。周知が徹底できていないと、 それぞれが異なった意見や回答をインターネット上で発信することになってしまい、 消費者に悪い印象を与える、さらなるトラブルの発生といったことにつながってしまいます。

サービス提供までの流れ

サービス提供までのフロー

ページトップに戻る
削除相談フォーム
個人情報管理体制
どんなことでお困りですか?
転職・新卒の企業情報収集方法
外部企業の企業情報収集方法
消費者の情報収集方法
風評被害度診断
お問い合わせはこちら

Copyright © 2009-2012 誹謗中傷対策センター All Rights Reserved.
風評被害・名誉棄損は誹謗中傷対策センターTOPサービス説明個人情報管理体制よくあるご質問お問い合わせ
個人情報保護方針特定商取引法の表記会社概要サイトマップ
株式会社アドリンク