03-5949-3951
インターネット上の業務妨害から会社を守るには。

ユーザーによって批判のためのサイトがつくられている

ユーザーが新しく商品やサービスの批判のためだけのサイトをつくり、そこでネガティブな情報を発信し続けるというトラブルが増えてきています。特に高額な商品やサービスでよく発生する問題です。サイトが成長してくると、不満を持っている人の意見を集約しはじめ、ネガティブなコメントが大量に羅列されてしまいます。また、不買運動のように情報を拡散させるための行動に発展してしまうこともありますので放置しておかず、早めに運営者に連絡して解決策を探しましょう。

このようなサイトの運営者は非常に大きな不満をかかえていることが多く、下手に刺激をするとより状況が悪化することが多いです。対等な立場であるということを示しつつ、低姿勢でアプローチしていかないと火に油を注ぐという結果になりかねません。 メールや郵送などで送った文面はすべてインターネットで公開されると考えて、慎重に内容を考えてください。

SNSやTwitterといった連絡先が公開されていることもありますので、必要に応じてメールだけでなくそういった場でも議論をすることで、運営者だけでなく運営者とよくコミュニケーションを取っている周辺のユーザーに関しても姿勢を示すことができます。

サービス提供までの流れ

サービス提供までのフロー

ページトップに戻る
削除相談フォーム
個人情報管理体制
どんなことでお困りですか?
転職・新卒の企業情報収集方法
外部企業の企業情報収集方法
消費者の情報収集方法
風評被害度診断
お問い合わせはこちら

Copyright © 2009-2012 誹謗中傷対策センター All Rights Reserved.
風評被害・名誉棄損は誹謗中傷対策センターTOPサービス説明個人情報管理体制よくあるご質問お問い合わせ
個人情報保護方針特定商取引法の表記会社概要サイトマップ
株式会社アドリンク