誹謗中傷対策センター
ネクストリンクは、個人情報の取扱いが適正に行われていることを認定するプライバシーマークを取得しています。

インターネット上の風評被害や名誉毀損、被害対策


0120-550-555 些細なことでも遠慮なくお電話でご相談ください
転職口コミサイトや就職活動掲示板での風評被害

転職口コミサイトや就職活動掲示板での風評被害

ブラック企業という評判が広まって悪影響が出ている

従業員や退職者、採用試験を受けた人による、インターネット上での口コミによって、ブラック企業だという噂が広まってしまう企業が多くなってきています。 こうした噂が広がると、採用の面で、以下のデメリットがあります。

就職希望者の減少
内定辞退者の増加

これでは、優秀な人材の確保が難しくなるため、将来的に業績が悪化してしまうリスクがあります。

さらに、ブラック企業と噂されることで、従業員の士気が下がって離職者数が増加するリスクや、クライアントの不信感につながって取引停止となり、売上が下がるリスクもあるのです。 こうしたリスクを防ぐためにも、各企業には、悪い口コミを投稿されてしまった場合の対策が必要です。

悪評が広がりやすい「転職口コミサイト」と「就職活動掲示板」

企業に対する口コミが集まるサイトには、主に以下の2種類があります。

転職口コミサイト
就職活動掲示板

「転職口コミサイト」は、実際にその企業で働いている従業員や、過去に働いていた人が、その企業の口コミを投稿するサイトです。 「就職活動掲示板」は、就活生が特定の企業に対する情報を投稿することで、情報交換ができるサイトです。

転職希望者や就活生にとって、これらのサイトには、採用サイトには書かれていない、企業の内情が分かるというメリットがあります。 一方で、企業にとっては、転職希望者や就活生に知られたくない内容まで知られてしまうというデメリットがあります。

また、転職口コミサイトでは、会社に対して不満を持っている従業員や退職者が、悪意を持って、誹謗中傷と捉えられる口コミを投稿してしまうケースも少なくありません。 こうした口コミを放置しておけば、入社希望者の減少や、内定辞退者の増加につながってしまいます。

「パワハラやセクハラが横行」と書かれて内定辞退者が続出した企業のケース

ここで、就職活動掲示板に虚偽の情報を書かれたことにより、実害を受けた企業の事例を紹介しましょう。

文房具メーカーのA社では、毎年新卒採用をしています。 A社は就活生から人気で、毎年応募者が続出し、採用枠いっぱいまで優秀な人材を獲得することに成功していました。

しかし、ある年、新卒社員の入社が迫った時期に、多くの学生から内定を辞退したいという連絡が相次ぎました。 理由を聞いてみると、「就職活動掲示板に書かれている内容を見て不安になった」と言われます。

実際に、就職活動掲示板を見てみると、A社に対して「パワハラやセクハラが横行している」「手当なしの残業や休日出勤ばかり」など、でたらめの情報が書かれていました。 内定辞退を申し出た学生に、掲示板に書かれている内容は嘘だと説明しても、完全には信じてもらえず、引き止めることはできませんでした。

結局、最終的に入社した人数は、内定者の半分程度になってしまいました。 A社では、内定者が全員入社するものと思っていたため、事前に人数分のデスクやパソコンも用意していましたが、この費用も半分が無駄になってしまいました。

転職口コミサイトや就職活動掲示板で削除依頼を出す方法

転職口コミサイトや就職活動掲示板に書かれた企業の悪評は、運営会社に対して、削除依頼を出すことも可能です。 ただし、サイトや削除方法によっては、口コミの内容が事実でないことを、企業側が証明しなければなりません。

例えば、残業代が付かないと書かれているのなら、社員のタイムカードや給与明細を見せて、この口コミが嘘であると証明する必要があるのです。

つまり、こうしたサイトでは、口コミの内容が真実であれば、基本的に削除はしてもらえません。 逆に、口コミが虚偽であることを証明できれば、投稿を削除してもらうことも可能です。

口コミの削除方法は、サイトによって異なります。 転職口コミサイトにも、就職活動掲示板にも、それぞれ複数のサイトがあります。 転職口コミサイトと就職活動掲示板、それぞれの代表サイトにおける、口コミの削除方法について説明していきましょう。

転職口コミサイト「転職会議」での誹謗中傷コメントの削除方法

国内最大手の転職口コミサイトは、「転職会議」です。 転職会議は、会員数700万人以上、口コミのある企業は16万社以上、口コミ数は300万件以上にもおよびます。

転職会議に投稿された口コミの削除方法は、以下2種類あります。

転職会議のお問い合わせフォームから削除依頼を出す
裁判所を通じて削除命令を出してもらう

お問い合わせフォームから削除依頼を出す方法は、簡単なのがメリットですが、成功率が非常に低いのがデメリットです。 この方法で、転職会議の運営会社である「株式会社リブセンス」が削除依頼に応じるのは、全体の0.2%程度だと言われています。

もう1つは、裁判所を通じて、リブセンスに削除命令を出してもらう方法です。 裁判所から削除命令が出されれば、口コミを削除してもらえます。

削除命令を出してもらうためには、口コミの内容から、削除する必要性があると、裁判所に認めてもらわなければなりません。 ここでは、投稿された口コミの内容が虚偽であることを立証できているかどうかが重要視されます。

裁判所では、リブセンス側の弁明も聞いたうえで、該当する口コミの削除命令を出すかどうかが決められます。

就職活動掲示板「みんしゅう」での誹謗中傷コメントの削除方法

国内最大手の就職活動掲示板は、「みんしゅう(みんなの就職活動日記)」です。 みんしゅうは楽天が運営していて、登録者数は55万人、口コミのある企業は29,000社です。

みんしゅうにおける投稿の削除方法は、以下2つあります。

削除依頼フォームを利用する
裁判所を通じて削除命令を出してもらう

みんしゅうでは「削除依頼フォーム」が用意されており、ここから運営に削除依頼が出せます。 投稿の内容が誹謗中傷と判断されれば、投稿を削除してもらえます。

(みんしゅうでは「掲示板書き込み具体例」に、企業や従業員に対する誹謗中傷の書き込みのOK例とNG例も公開されているので、あわせて確認しておくといいでしょう)

誹謗中傷と判断されず、削除してもらえなかった場合は、裁判所を通じて削除命令を出してもらいましょう。

転職口コミサイト等の口コミを削除したいなら誹謗中傷対策センターへ

「ブラック企業」「パワハラ」「セクハラ」など、事実とは異なる誹謗中傷の口コミを転職会議に書かれた場合や、みんしゅうに依頼を出しても削除してもらえなかった場合は、誹謗中傷対策センターにご相談ください。 裁判所を通じて削除命令を出してもらうためには、裁判所での手続きが必要です。

この手続きは、自社でするよりも、弁護士に依頼した方が確実です。 誹謗中傷対策センターでは、ネット上の誹謗中傷や風評被害に強い弁護士をご紹介できます。

誹謗中傷対策のお申し込みから対策開始までの流れ

STEP1 お問い合わせ・ご相談

まずは、お電話またはお問い合わせフォームより
お気軽に被害内容をご連絡ください。

STEP2 お見積り

ご連絡いただきました被害内容について、担当者より
お電話またはメールにてお見積りいたします。

STEP3 お申し込み・ご契約

お見積り内容をもとに具体的な対策内容を担当者より
提案させていただきます。提案内容をご確認いただき
正式なご契約となります。

STEP4 対策開始

対策内容に基づいて技術担当者により対策を
開始いたします。

STEP5 進捗状況のご報告

月末にレポートを作成し、ご提出いたします。
レポート内容にて対策状況をご確認いただけます。

企業への誹謗中傷対策のご相談はこちら 0120-550-555
資料請求・メールでのご相談 お問い合わせ
料金をお知りになりたい方 無料お見積り

誹謗中傷対策センター

関連記事の一覧はコチラ

人気記事ランキング

資料請求・メールでのご相談
料金をお知りになりたい方
2ちゃんねる対策
レビュー・口コミ・情報サイト
検索結果対策
ブログサイト・個人サイト対策
ミクロサーチ
転職・新卒の企業情報収集方法
外部企業の企業情報収集方法
消費者の情報収集方法
代理店パートナー募集
誹謗中傷対策センターブログ
 

当サイトでご記入いただく個人情報は、SSL暗号化通信により保護され、
全て暗号化されて送信されます。

プライバシーマーク

ネクストリンクは、個人情報の取扱いが適正に行われていることを認定するプライバシーマークを取得しています。

プライバシーマークについて
個人情報保護方針

あなたの悩みはどれですか?

資料請求・メールでのご相談
料金をお知りになりたい方
ページトップ
誹謗中傷対策センターTOP個人情報管理体制サービスよくあるご質問お申し込みまでの流れブログ
個人情報保護方針特定商取引法の表記クッキーの利用について会社概要

プライバシーマーク プライバシーマークは、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制が整備され、
個人情報に関するJIS規格に準拠している事業者であることの証明です。

Copyright © 2009-2014 誹謗中傷対策センター All Rights Reserved.
ネクストリンク株式会社