SNSで炎上したらこうなった。炎上事例から対策までのまとめ | 誹謗中傷対策センター
0120-550-555 些細なことでも遠慮なくご相談ください
SNS炎上のまとめ

SNSで炎上したらこうなった。炎上事例から対策までのまとめ

前回の記事「知らないと怖い!Webレピュテーション対策-原因から対策まで2022年版」では、Webレピュテーション被害事例として、企業で起きた炎上事例をメインにいくつかピックアップしましたが、炎上するのは企業だけではありません。 軽い気持ちで投稿したことがきっかけで、投稿者の個人情報が晒されてしまったという事も。

今回は、SNSが原因で炎上騒ぎとなってしまった個人向けの事例をまとめてご紹介します。

炎上するとはどういう意味なのか?

SNSサイトなどで使われる「炎上」とはネット用語となっており、批判的なコメントが集中して投稿されることを指しており、小さな火が勢いよく燃え上がることに例えられていると言われています。

炎上する理由は様々

一番多い炎上事例は、不適切な発言、写真や動画を投稿したことで、炎上をしてしまった。という事例です。

フォロワーは知り合いだけ。鍵付きアカウントだから大丈夫。などと、軽い気持ちで投稿し、どこからから動画や画像が拡散されてしまった。 という理由が多いです。不適切な行動をすることが一番よくありませんが、ネット上に投稿した時点で、取り返しのつかない騒ぎに発展してしまう場合があるという事を理解しておく必要があります。

ネットマナーで炎上してしまう事も

炎上する理由は、様々あります。上記のような不適切な投稿以外にも、自分の投稿が、他人に対して不快な思いになっている人がいたり、 相手を傷つけていたりと、身に覚えがないことで炎上騒ぎに発展してしまう事も。 こういったトラブルを未然に防ぐためにも、ネチケットを守る必要があります。

インターネット利用 7か条

警視庁のホームページに、「インターネット上の犯罪・トラブル防止のためのエチケット」というページがあります。 そこに、「インターネット利用7か条」という守るべきルールやマナーが掲載されていました。抜粋してご紹介します。

  1. インターネット社会でも、実生活と同じルールとマナーを守る。
  2. 他人のプライバシーを尊重する。
  3. 住所・氏名などの個人情報を入力する時は、十分注意する。
  4. ID・パスワードの管理を徹底する。
  5. 他人のミスを大げさに指摘しない。
  6. メールを送る前に、内容をよく確認する。
  7. 面と向かって言えないことは書かない。

出典:警視庁ホームページ

炎上騒ぎへ発展してしまった事例

SNSが原因で個人情報まで晒されてしまった例を2つご紹介します。

コンビニで購入前の水を飲む動画を投稿し炎上

仲間内でおふざけとして撮影した動画で、個人情報が拡散されてしまった事例

炎上事例1

【問題発生の経緯】

とある男子高校生が、コンビニで購入前の水を飲む動画をSNSに投稿した。 動画では、ためらうこともなく一口飲むと、「あっ、うまい! あ~、うまい」などと大声を上げ、仲間とともに笑うと、むせてしまって、しゃがみ込んでいた。 この15秒ほどの動画がTikTok上にアップされると、その日のうちにTwitterに転載された。

【拡散されたその後】

高校生は、学生服で自らの顔を晒していた事から、学校と名前が判明。 そこから、TwitterやFacebook等のアカウントまで特定されてしまい、個人情報が拡散され続けてしまった。

出典:J-CASTニュース

プリクラ写真がキッカケで個人が特定されてしまう

何気ない写真を面白半分で拡散されてしまい、騒動へと発展してしまった事例

炎上事例2

【問題発生の経緯】

事の発端は、高校生の男女が、プリクラで撮影したと思われる画像をSNSに投稿した。 その写真には、ふざけて体を接触させてポーズをとる男女とポテトチップスの袋を抱えている女子生徒が写っているという、何気ない写真であったが、あるTwitterユーザーがこの画像をツイートすると、瞬く間に拡散されてしまった。

【拡散されたその後】

着用していた学生服から、学校名が特定。また、3人が撮った他のプリクラ画像も掘り起こされてしまった。 さらに、学校のwikipediaで校名が変更されるなど、炎上騒動へと発展してしまった。

出典:TABLO

デジタルタトゥーの被害者に

今回上げた2つの事例は、数年前に起こった出来事ではありますが、現在も関連記事がネット上にアップされています。 こういったネット上に書き込まれた情報や画像などは、一度拡散されてしまうと半永久的にネット上に残されると言われており、その事を「デジタルタトゥー」と表現します。

このデジタルタトゥーの被害者にならない為にも、トラブルの元になりそうな発言や写真の掲載はしない。といった、ルールやマナーを守ることが大事です。

被害に合ってしまったら

早急かつ正確な対応が求められますので、専門の業者または、弁護士に相談をし、削除などの対策を依頼してください。

ネクストリンクでは

当社では、掲示板やブログ、TwitterをはじめとしたSNSの監視を始め、問題となりそうな投稿をいち早く発見し対処を行っています。 万一、問題が発生してしまった場合は、2次被害を防ぐための事前対策などもご案内しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

今すぐお問い合わせ
誹謗中傷対策に役立つ情報やツール・マニュアル無料プレゼントキャンペーン

知らないと怖い!Webレピュテーション対策-原因から対策まで2022年版

ページTOPへ戻る