誹謗中傷が名誉毀損罪で訴えられる基準とは?
0120-550-555 些細なことでも遠慮なくご相談ください
誹謗中傷が名誉毀損罪で訴えられる基準とは?

誹謗中傷が名誉毀損罪で訴えられる基準とは?

誹謗中傷とは、他者の名誉や評判を傷つける発言や行為のことを指します。
このような行為が日本国内で名誉毀損罪として認められる基準や法的な規制について、以下に詳しく解説します。

名誉毀損罪の法的定義と適用条件

名誉毀損罪とは、刑法第二百三十条に基づく法的規定であり、他人の名誉を公然と事実をもって毀損する行為が該当します。
名誉毀損罪が成立するためには、以下の条件があります。

公然性と事実摘示

名誉毀損罪は、公然とした形で事実を摘示することが必要です。
つまり、一般社会に向けて公開され、その内容が他人の名誉を毀損する要素を含んでいる必要があります。

事実の真偽は問われない

名誉毀損罪では、事実の真偽は法的責任の有無に影響しません。
つまり、内容が事実であっても虚偽であっても、その毀損の成立が法的に判断されます。

刑罰の範囲

刑法において、名誉毀損罪には懲役又は禁錮三年以下、または罰金五十万円以下の刑罰が科されることがあります。
これによって、法的にその行為の重さや適切な制裁が定められています。

名誉毀損罪は、個人の名誉保護と言論の自由のバランスを取るために重要な法的枠組みです。
法の下での公平な判断と社会的責任が求められる中で、名誉毀損罪の適用について深く理解することが重要です。

参考:e-Gov法令検索

死者の名誉についての特例

名誉毀損罪において、死者の名誉については特別な考慮がされます。

虚偽の事実の有無

死者の名誉を毀損する場合、その内容が虚偽の事実に基づいている場合を除き、名誉毀損罪としての処罰は課されません。
つまり、真実であるかどうかにかかわらず、虚偽の情報でなければ法的制裁の対象とはなりません。

死者に対する名誉毀損は、その社会的影響や個人の尊厳を考慮して、厳格に法的規定が適用されています。
公平な判断と法の下での正義を保つために、この特例が設けられています。

参考:e-Gov法令検索

公共の利益に関する特例

名誉毀損罪において、公共の利益に関する事実を公然と摘示する場合には特別な規定が適用されます。

公共の利益の有無と目的

刑法第二百三十条の二によれば、行為が公共の利益に関する事実に係り、かつその目的が専ら公益を図ることであった場合、事実の真否が証明されれば、名誉毀損罪の適用を免れることがあります。
この規定は、報道や社会的関心事における正当な情報公開を保護するために設けられています。

この特例は、言論の自由と公共の利益をバランスさせる法的枠組みとして重要な役割を果たしています。
公共の知る権利と情報の透明性を考慮しながら、正確な情報の提供が促進されることが目的です。

参考:e-Gov法令検索

公務員に関する特例

名誉毀損罪において、公務員や公務員の候補者に関する特別な規定があります。

公務員に関する事実の真偽

公務員や公選による公務員の候補者に関する事実について、事実が真実であることが証明された場合、名誉毀損罪が適用されないことがあります。
これは、公職に関わる情報の公正な開示と社会的透明性を保つために定められています。

公務員に対する情報の公平性と透明性を確保するために、この特例が適用されます。
公共の利益と社会的信頼性を維持しながら、名誉毀損罪の法的適用について慎重に判断されることが求められます。

参考:e-Gov法令検索

インターネットと誹謗中傷

近年、インターネット上での誹謗中傷が増加しています。
SNSや匿名掲示板を通じて、個人や企業が容易に攻撃の対象になります。
誹謗中傷から身を守るためには、早期の対応が重要となり、具体的には、誹謗中傷の内容を記録し、法的手続きを検討することが推奨されます。

誹謗中傷から身を守るための具体的な対策

誹謗中傷から身を守るためには、以下の対策が有効です。

証拠の収集
誹謗中傷の内容やその影響を具体的に記録する。
法的手続きの検討
弁護士に相談し、訴訟を起こすことを検討する。
誹謗中傷対策のプロに相談
当誹謗中傷対策センターは、創業から15年以上、4万件以上のお客様の対応に当たったノウハウを活用し、個々のお客様にあわせた最適な対策を提案します。
お困りの場合は、ぜひご相談ください。
今すぐお問い合わせ
メディア掲載

まとめ

誹謗中傷は、個人や企業にとって深刻な問題であり、法的な観点からも重要な課題です。
日本の法律では、名誉毀損罪として定められ、公然と事実をもって他人の名誉を毀損する行為が禁止されています。
名誉毀損罪の適用条件や特例について理解することで、正確な情報発信と社会的責任の重要性を認識することができます。


警察がインターネットでの誹謗中傷に対して動かない3つの理由

ページTOPへ戻る