Twitterのシャドウバンとは何か?シャドウバンチェックの方法と原因、解除方法を解説 | 誹謗中傷対策センター
0120-550-555 些細なことでも遠慮なくご相談ください
cover_image

Twitterのシャドウバンとは何か?シャドウバンチェックの方法と原因、解除方法を解説

様々なSNSサービスがありますが、その中でもTwitterは2006年にアメリカで開始されたウェブサービスであり、140文字以内のつぶやきをツイート(Tweet)する、という形式がインスタグラムやTikTokなどの画像や動画投稿するSNSに比べて手軽さがあり、また匿名性も保たれるため、現在も根強い人気を集めています。

そんなTwitterで最近話題にのぼりやすいのが「シャドウバン」というものです。

誹謗中傷対策に役立つ情報やツール・マニュアル無料プレゼントキャンペーン

シャドウバンとは一体何なのか

垢BANとは

アカウントを凍結されることをBANされると言います。BANは英語で「禁止する」という意味があります。 Twitterでは垢BAN(垢=アカウントの略語)と呼ばれTwitterの規定に違反する行為などを行った場合にTwitter社から警告が出されます。その際に何も対応することなく放置してしまうと永久凍結されてそのアカウントを使うことが出来なくなります。

シャドウバンとは

この垢BANに対し、シャドウバンは警告なども出されずに気付かないうちにこっそりとBANされている状態のことを指します。

シャドウ(Shadow=影) バン(Ban=禁止する)

  • 自分のアカウントやツイートが検索結果に表示されない
  • リプライ(返信)がフォロワーにしか表示されない、フォロワーにも表示されない

上記のような現象がみられる場合はシャドウバンされている可能性があるため、自身のアカウントがシャドウバンされているかどうか調べてみましょう。

シャドウバンチェック、シャドウバンの確認方法

シャドウバンされているかどうかを調べる方法は2つあります。

  • Twitterの検索で自分を検索してみる
  • シャドウバンチェックのサイトを利用する

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

Twitterの検索で自分を検索してみる

まずはTwitter自体の検索機能を使って簡単にチェックする方法です。

Twitterの検索バーに自分自身のツイッターIDを入れる方法です。(調べたいアカウントが自分自身でない場合は該当するツイッターID) その際に「from:ツイッターID」と、頭にfrom:と入れるのを忘れないようにしましょう。

これは自分自身がつぶやいたツイートを表示する方法なのですが、呟いているにもかかわらず、検索結果に何も出てこなかった場合はシャドウバンになっている可能性が高いです。

シャドウバンチェックのサイトを利用する

また検索機能ではいまいち確証がなかった場合はシャドウバンチェックを行う専用サイトを利用することが出来ます。基本的に無料で使えます。

https://hisubway.online/shadowban/

※Twitterの頻繁な仕様変更に伴いチェックサイトの機能が追い付かない場合があります。2022年8月現在では上記のサイトが有効ですが、場合によっては使えなくなっていることがあるため、「シャドウバン チェック」などで検索するといいでしょう。

該当欄にusername(調べたいアカウントのツイッターID)を入力し、CHECKをクリックします。

シャドウバンチェック

シャドウバンされていなければすべてチェックが入り緑色で表示されます。

シャドウバンチェック

されている場合は該当箇所が赤文字で表示されます。

シャドウバンチェック [出典]https://hisubway.online/shadowban/

シャドウバンされてしまう原因

Twitter社では明確にシャドウバンとなる原因を公表していません。そのため何故シャドウバンされたのか疑問に思う人もいるでしょう。

主に考えられる理由としてはいくつかあります。

  • ・Twitterの規約違反
  • ・いいね、リツイート、フォローなどを短期間に大量に行う
  • ・外部サイトなどへのリンクを頻繁に貼る
  • ・同じハッシュタグの乱用

またTwitterで「一部のコンテンツがTwitter検索で表示されない理由」の説明の中で「してはいけない行為」について触れています。

“してはいけない行為

内容が同じまたは似ているリンクやツイートを繰り返し投稿する。

特定のトレンドトピックやハッシュタグ(#記号の付いたキーワード)を乱用する。

ツイートや返信の送信を自動化する。

ボットやアプリケーションを使って特定のキーワードで構成された似たような文章を投稿する。

複数のアカウントで同じような文章を投稿する。

フォローとフォロー解除を過剰に行う。

Twitterは優れた検索品質を提供できるように、こうした行為が見られるアカウントを検索結果から自動的に除外する(または凍結などの対応を行う)ことがあります。

[出典]Twitter:検索のルールと留意点について

シャドウバンされてしまった際の解除方法

原因が明確ではない為、原因と考えられる行為を行っておらず、身の覚えがない場合もあると思います。 ただ原因が明確ではない以上、解除方法も確実なものは存在しません。しかし、解除する方法として有効だと考えられている方法はいくつか存在します。

前準備:設定から「興味関心」のチェック項目を全て外す

  • ・何もせずに時間を置く
  • ・ヘルプセンターに解除申請する

前準備:設定から「興味関心」のチェック項目を全て外す

「設定とプライバシー」から「プライバシーと安全」を選択します。

「表示するコンテンツ」の中の「興味関心」を選択し、チェックマークをすべて外します。

何もせずに時間を置く

シャドウバンは無言の警告、アカウントの動向の様子見のようなものですので、通常は数日で解除される場合がほとんどです。しかし、シャドウバンの状態で今まで通りツイートやリツイートなどを行うと解除までに時間がかかってしまう場合や最悪の場合は垢BANになる可能性もあり得ます。そのため、シャドウバンの間はなるべくなにもしないことをおすすめします。

ヘルプセンターに解除申請する

原因と考えられる行動を一切行っていない場合はヘルプセンターへ問い合わせをしましょう。

「ヘルプセンター」のページへ行き、3本線からを開きます。

ヘルプセンター手順

「お問い合わせ」ページから、「Twitterの機能や設定に関する詳細」を開きます。

ヘルプセンター手順

選択肢から「ツイートに関してサポートが必要です」を選択し、必要項目を入力していきます。

「発生している問題に関する説明」の欄に状況を記載し、規定に反する行為を行っていないことと解除の依頼を明記し、送信します。

ヘルプセンター手順

まとめ

今回はTwitterのシャドウバンに関する解説を行いました。ユーザー数が増え、巨大なSNSとなっているTwitterですが、その分問題なども起こっているのは事実です。

TwitterをはじめSNSやインターネット上で誹謗中傷や風評被害などでお困りの際には誹謗中傷対策サービスの実績を重ねてきた当社に気軽にご相談ください。

今すぐお問い合わせ
誹謗中傷対策に役立つ情報やツール・マニュアル無料プレゼントキャンペーン

Facebook・Twitter・Instagram、3大SNSの削除方法は?

ページTOPへ戻る