掲示板での誹謗中傷を削除したい 削除依頼方法などをご紹介 | 誹謗中傷対策センター
0120-550-555 些細なことでも遠慮なくご相談ください
 
掲示板削除

掲示板での誹謗中傷を削除したい 削除依頼方法などをご紹介

掲示板で誹謗中傷を受けている。個人情報などを勝手に掲載され困っている。といった場合は、どのような対応をしたらいいのでしょうか? 今回は、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)の場合の削除依頼方法や注意点などを詳しく解説していきます。

5ちゃんねるの仕組みを把握する

5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)とは、匿名で投稿が出来る掲示板です。 この掲示板には様々なカテゴリが分かれており、そのカテゴリ内でジャンル分けされており、それを「板」と呼びます。 この「板」にも話題などによって細かく分かれおりこれらを「スレッド」と呼びます。 5ちゃんねるを閲覧していて、意見を投稿したいとなった場合は、このスレッドと呼ばれる中へ投稿されることになります。

また、5ちゃんねるでは匿名での投稿が可能となっています。利用者のほとんどは匿名で投稿を行うため、「名無しさん」という名前が表示されている事が多いです。

削除をする管理者がいる

5ちゃんねるではボランティアで運営をサポートするユーザーが多数おり、そのボランティアに「削除人」という担当があります。 この「削除人」とは、問題の書込みなどを削除する担当です。削除ガイドラインに基づいて、削除の可否を判断し、必要とあれば削除の処理を行っています。

削除ガイドライン

削除ガイドラインとは、どのような内容なのでしょうか?中身を確認してみます。

【削除判断基準】

・削除は、リクエストのあった記事について、対応の可否を判断するものとする。
・インターネット社会でも、実生活と同じルールとマナーを守る。

  1. 名誉
    個人ないし法人の社会的評価を低下させる事実を摘示するもの。
  2. プライバシー
    人の名前(イニシャル等であっても、個人の特定)、住所、家族の名前、電話番号等の組み合わせで、個人のプライバシーを侵害していると判断できるもの。
  3. 平穏に生活する利益
    他人に危害を加えることを予告するもの。悪質な殺害予告については、掲示板上で公開することがある。
  4. 社会に害悪が生じる現実的危険性がある情報
    例えば、爆弾を製造する方法、薬物の売買をうかがわせる情報

表現の自由は最大限保障されるべきものである。他人の権利を侵害するものについては削除を行う。とホームページにも明記されています。

削除依頼は3つの方法

旧2ちゃんねるの時代には、削除要請板などに削除依頼をお願いする方法となっていたため、依頼内容が、全体に公開されてしまい、トラブルに発展してしまうという事がありましたが、現在は、メールでも削除依頼が可能となりました。

メールでの削除依頼

個人情報が掲載されてしまっている場合や、警察へ相談をしている場合、裁判所から削除命令の判決を受けた場合は、メールでの削除依頼を受け付けるとしています。

メールに記載する内容は、下記の通りです。

権利侵害を主張する者は、メール(meiyokison@5ch.net)で削除要請を出すことができる。

※削除要請の際には、
  件名 削除申し立て
  内容 URL
     レス番号
     削除理由
     理由を根拠付ける資料があれば添付
     本人確認のための資料を添付するものとする。
理由及び資料を踏まえ削除の是非を判断する。

このメールでの削除依頼は、依頼内容がスレッドに掲載されず非公開で行われる為、依頼をしたことで情報が拡散されてしまうなどのトラブルはありません。

出典:5ちゃんねる削除体制

削除要請フォームを利用しての依頼

一般の削除要請と言われており、掲示板の閲覧者が問題と思われる投稿に対して、削除依頼(通報)をする場合に利用されることが多いようです。 荒らし依頼、差別・蔑視、電話番号に関しては、専用スレッドがあるので、そちらから依頼をするようになります。

該当のフォーム箇所から、掲示板アドレスや削除対象アドレス、削除理由などを記載します。

記載内容に不備があると削除されません。 また、この依頼内容は、スレッドにて公開されるため、個人情報など公開されて困る内容などは記載しないよう注意が必要となります。

削除整理板を利用しての依頼

削除要請フォームとよく似ていますが、一般の削除要請に該当しない場合は、こちらのフォームから削除依頼を行います。

この依頼方法も、スレッドにて依頼内容が公開されるため、公開されたくない場合などは、メールでの削除依頼を行う事をおススメします。

5ちゃんねるが削除されても

最近は、5ちゃんねるなどの掲示板をコピーや引用したまとめサイトも増えており、5ちゃんねるが削除されたとしても、他の掲示板には掲載され続けてしまう場合があります。その場合、掲示板ごとに削除依頼をしなくてはいけない為、どの掲示板で投稿されているのかを、すべて把握する必要があります。

まとめサイトやコピーサイトは数多く存在しており、掲示板ごとに削除依頼をするというのは、大変に時間や手間がかかりますので、 専門の業者や弁護士などに依頼するのがよさそうです。

削除依頼をしたことでさらなるトラブルも

削除依頼をしたことで、必ず削除されるという確証はありません。また、すぐに対応をしてくれるという事でもない為、数日以上も放置されてしまう場合があります。

また、削除依頼をした事でスレッドにて公開されてしまい、誹謗中傷がさらに拡散されてしまうという可能性もあります。 場合によっては、削除依頼をしない方が良い場合もありますので、削除などの対策を講じる前に、依頼したことで、どのような展開に発展していくのか。もし拡散されてしまった場合は、どういう対応をした方がいいのか?などを想定しておく必要があります。

ネクストリンクでは

ネクストリンクでは、サイトの洗い出しから、削除依頼の手順やどのように進めて行けばよいかの手順などをアドバイスさせて頂きます。 対応するのが大変、難しい、ご自身で行うのが抵抗がある。など、ご不安なことなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。

今すぐお問い合わせ
誹謗中傷対策に役立つ情報やツール・マニュアル無料プレゼントキャンペーン

素早い対応がカギ!知恵袋の消し方を紹介

ページTOPへ戻る