【2022年最新】ツイッターでの炎上メカニズム~企業アカウントが炎上しないためには? | 誹謗中傷対策センター
0120-550-555 些細なことでも遠慮なくご相談ください
【2022年最新】ツイッターでの炎上メカニズム~企業アカウントが炎上しないためには?

【2022年最新】ツイッターでの炎上メカニズム~企業アカウントが炎上しないためには?

ツイッターは利用者が多く、月間アクティブユーザー数を見ると4,500万のアカウントが動いているといわれています。SNSとしてはマストで使われているツールですが、多くの人間が使用していることから、ひとつの情報が拡散しやすい反面、ネガティブな情報も一気に拡散し「炎上」を招くリスクも高いことが特徴です。 ここでは企業アカウントの炎上について、メカニズムや予防法をご紹介します。

誹謗中傷対策に役立つ情報やツール・マニュアル無料プレゼントキャンペーン

企業のツイッターアカウントの炎上ケース

まずはこれまでに発生した炎上ケースを紹介します。

  • ・エンターテイメント企業公式アカウントが、原爆投下の日に「なんでもない日おめでとう」と投稿し炎上したケース
  • ・タイツメーカー公式アカウントが「タイツの日」に行った企業PRのイラストが「性的消費」だとして炎上したケース

炎上ケースのほとんどは企業のPRを行った投稿が不適切と判断され炎上したケースです。
消費者の感情やモラルについて調査が不十分だったために起こる炎上が多く、一度炎上すると売上といった営業活動に支障が出る可能性があります。
利用者数の多いツイッターはマーケティング効果が高い反面、炎上することでブランドイメージの低下や信用棄損にも繋がってしまいます。

従業員の不適切な行為が炎上したケース

次に企業アカウントではなく、従業員の不適切な行為がツイートされ、炎上につながったケースを紹介します。

  • ・米企業の広報部長が「これからアフリカに行きます。エイズにかからないといいな。というのは冗談よ。私は白人だもの!」と投稿したことで炎上
  • ・寿司チェーン店のアルバイト従業員が、ゴミ箱に捨てた魚をまな板に戻すという動画をインスタグラムに投稿。ツイッター上でも拡散され炎上

モラルの欠けた従業員の行動が拡散されたケースです。
従業員は企業の「顔」でありその従業員が炎上すれば、企業の教育体制に批判が集まります。
近年は従業員のネットリテラシーも十分に問われ、SNS運用に関する教育を必須とする企業も増えています。

炎上が起きやすいテーマ

SNSを運用していくには、炎上が起きやすいテーマを避けなければなりません。
ここでは、炎上が起きやすくなるテーマについて紹介します。

炎上広告、過激なCMなど

企業が消費者に興味を持ってもらうために行う広告やCMは、目を引きやすくするためにより攻めた内容のコンテンツを生み出すこともあります。
批判ギリギリの内容となってしまうことも少なくないでしょう。社内では「ギリギリ大丈夫だろう」と作成したコンテンツは閲覧した一般人にとってはラインを越えていて「行き過ぎ」として批判の対象となってしまうこともあります。

前述での企業アカウントで行ったPRツイートがこれに当てはまります。

企業の問題行動・バイトテロ

従業員の行動がツイッターで取り上げられることで炎上しやすいケースもあります。
店内で不適切な行為をしていた、個人アカウントと企業アカウントを間違えネガティブな内容をツイートしてしまう、企業秘密を個人アカウントでツイートしてしまうなどといったリスクが考えられます。
また企業や店舗の事件・事故に関するツイートが拡散し大きな炎上を招くといったこともあります。

ヘイトスピーチ・政治・報道

ツイッターでは差別問題や政治的な言動についても簡単に公開してしまえることから、ここから火がつき炎上してしまうといったリスクもあります。
原爆の日に「なんでもない日おめでとう」のツイートや、「ナチス」を思わせるコンテンツがたびたび炎上するなど、歴史に対して知識や配慮が足りずに起こってしまう炎上にも気を付けなければなりません。

SNS利用率からみる炎上のリスク

ツイッターをはじめとするSNSは今やほとんどの人が利用しているコミュニケーションツールではないでしょうか。
SNS利用者数は2015年から見ても毎年増加しており、SNS利用率もそれに比例して増加しています。
2022年末にはSNS利用者数は8,241万人、SNS利用率は83.3%にも上るといわれています。

参照:ICT総研、2020年度 SNS利用動向に関する調査の結果を発表

炎上の多くがツイッターをはじめとするSNSから発生していることから、SNSの利用者数が増えるにつれ、炎上が起こるリスクも高まるといえます。

炎上が起こるメカニズム

ツイッターだけでなく、ネット上で起こる炎上の原因はさまざまです。

  • ・企業や店舗でのトラブル
  • ・違法行為やコンプラ・マナー違反の告発
  • ・差別問題や相手を侮辱する発言
  • ・個人間の議論が白熱して起こる過激な言動

炎上は「こうすれば必ず起こる」といった決まった原因がないことも特徴です。
その中でも火種となり得るテーマは存在しており、そのほとんどはモラルに欠けた言動である場合が多いようです。

炎上の過程は3つの段階に分けられ、火種が発生→拡散→炎上の流れで大きな問題となっていきます。

1.火種が発生する段階

多くのフォロワーを持つ企業アカウントの場合、ツイートはすぐにそのフォロワーの目に届くこととなります。
投稿したツイートが不適切と捉えられた場合、火種が発生した段階といえます。

2.拡散する段階

1.で不適切なツイートを見たフォロワーがリツイートを行うことでさらに多くの人の目につくようになり、ツイッター上で拡散されていきます。
また他のSNSに投稿したり、ネット掲示板等に書き込むユーザーもおり、そこからさらに拡散していきます。
拡散が繰り返される中で、噂やデマが混じることもあります。

3.炎上する段階

2.で多くの人に拡散し、大きな問題となると、今度はニュースサイトやまとめサイトがその話題を取り上げ記事として公開されてしまいます。
この段階ではすでに炎上が起こってしまっているといえます。
大手ニュースサイトやテレビニュースにも影響が及ぶことで炎上はさらに大きくなり沈静化まで長引いてしまうこととなります。

ツイッターでの炎上を防ぐ方法

炎上は決まった原因が捉えづらいことから、SNSは使い易い反面、より慎重な精査が必要です。
SNSの中でもツイッターは必ずと言っていいほど企業が運用するアカウントであることも事実です。
多くの人へアプローチが出来る分、炎上と隣り合わせであることを忘れてはいけません。

世の中の多様性について理解が深まる中、「常識」は常に更新されていると考え、定期的にツイート内容に関する基準を見直す必要もあります。
また運用するのも人間ですので、担当者の意識改革や教育も欠かせません。

snsのトラブル原因は様々。個人や企業トラブルの回避から対策までを紹介

一度炎上してしまうとブランドイメージに傷がつき、信用を取り戻すには時間がかかります。
少しでもリスクを減らすために、予防についても考える必要があります。

ネクストリンクではSNSの監視をはじめ、ネガティブなツイートについての調査も行っております。
2022年8月には「ツイッター Webモニタリング」を3ヶ月間無料でお試しいただけるキャンペーンも行っております。
・SNS運用に力を入れたい
・PRツイートが世間にどう受け止められているか知りたい
・ネガティブ情報が拡散されていないか確認したい
等にお悩みの場合はぜひ一度お問い合わせ下さい。

今すぐお問い合わせ
誹謗中傷対策に役立つ情報やツール・マニュアル無料プレゼントキャンペーン

Webリスクマネジメント-企業がやるべきWebリスクへの対策方法-

ページTOPへ戻る