会社が風評被害にあっていたのだけれど、解決できました-ブログ・メディア編- | 誹謗中傷対策センター
0120-550-555 些細なことでも遠慮なくご相談ください
会社が風評被害にあっていたのだけれど、解決できました-ブログ・メディア編-

会社が風評被害にあっていたのだけれど、解決できました-ブログ・メディア編-

会社の評判を落とすような内容の記事がインターネットで拡散された場合、 会社は甚大な被害を被る可能性があります。

今回は実際にとある会社が風評被害を受けたケースをもとに 相談から解決するまでの流れをQ&A形式でご紹介します。

音声で記事を聞き流す
誹謗中傷対策に役立つ情報やツール・マニュアル無料プレゼントキャンペーン

風評被害相談内容

とある会社から下記相談と質問がありました。

  • 最近お問い合わせが以前より少なくなった
  • 「自社名」で検索すると自社サービスを批判するメディアが表示されている
  • 自社サービスを批判するメディアをなんとかしたい
風評被害を何も対策せず放置するとどのような影響が考えられますか?

何も対策せず放置した場合、会社の業績悪化や離職の増加や新規採用の困難、会社の社会的信用の失墜などが考えられます。

風評被害に関連する法律などはどのようなものがありますでしょうか?

風評被害に関連する法律は「名誉毀損罪」「業務妨害罪」「信用毀損罪」「損害賠償請求」などが考えられます。

名誉毀損罪
公然とある人に関する事柄を摘示し、その人の名誉を毀損した場合に成立する(刑法230条1項)。法定刑は3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金。

[出典]
ウィキペディア

業務妨害罪
虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の業務を妨害すること(偽計業務妨害罪)。または威力を用いて人の業務を妨害すること(威力業務妨害罪)を内容とする犯罪。3年以下の懲役又は50万円以下の罰金。

信用毀損罪
虚偽の風説を流布し、または偽計を用いて、人の信用を毀損する犯罪。 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金。

[出典]
ウィキペディア

損害賠償請求
風評被害を起こした投稿を不法行為として損害賠償請求(民法第709条)すること。

風評被害は裁判することで解決できるのでしょうか?

裁判をしても記事になっている内容が事実の場合、該当する記事が削除されない場合もあります。また、削除できたとしても時間と費用がそれなりにかかるため、被害を受けた金額と見合わない可能性もあります。

風評被害対策方法

ブログやメディアによる風評被害にあっている場合の対策方法をご紹介します。

ブログやメディアの悪評はどのように対策するのでしょうか?

ブログやメディアの悪評を対策する方法は下記のような方法があります。

・ブログ・メディア運営管理社へ削除依頼
・ブログ・メディア運営管理社への送信防止措置依頼
・弁護士に相談
・逆SEOによる順位押し下げ

ブログ・メディア運営会社へ削除依頼する場合、対象サイトのお問い合わせフォーム・削除依頼フォームから削除依頼を送信します。削除依頼する場合、注意することがあります。削除依頼した内容を再度記事等にされ炎上する場合があります。また記事内容が事実の場合、削除されない可能性が高いです。

送信防止措置依頼については下記記事で詳しく解説していますのでこちらをご確認ください。

弁護士に相談して削除依頼することもできますが、記事内容が事実の場合、削除される可能性が低くなります。

逆SEO対策を活用する場合、記事自体は削除することはできませんが、検索の上位に表示されないよう問題となるネガティブサイトの順位を押し下げる対策を行います。逆SEO対策の詳細については下記記事で詳しく解説していますのでこちらをご確認ください。

成果は確実に出るのでしょうか?

お客様の状況に応じて異なりますが、全体平均では90%以上のお客様には成果として体感をしていただいております。

対策の効果はどの程度で現れてくるのでしょうか?

早いお客様だとご依頼から当日中に解決することもあります。問題情報が多かったり難易度が高い場合には数ヶ月から長いお客様だと2~3年経過して(ご納得いただく)成果が現れます。そのような期間などについても事前に説明の上でご案内させていただいております。

対策は自社でもできるのでしょうか?

インハウスで実施されたいお客様向けのプランのご用意がございますので、お気兼ねなくご相談ください。

今すぐお問い合わせ

実際に行った風評被害対策

ご相談のあったとある会社は、記事にされている内容は事実であるとのことで、「削除依頼」や「送信防止措置依頼」「弁護士に相談」するのは難しいと考え、記事そのものを削除するのではなく、検索結果から人目のつかない順位に押し下げる逆SEO対策を行うことになりました。

また、当初は自社で対策を行おうと考えられていましたが、 自社のネガティブな記事を押し下げるという作業のため、 スタッフの士気が下がることを恐れ、誹謗中傷対策センターに依頼いただく流れになりました。

実際に行った逆SEO対策はどのようなものでしょうか?

無料サイト、既存サイト、弊社保有サイト、有料サイトを組み合わせて対策を行いました。それぞれのサイトは会社にとってプラスとなるコンテンツを制作しています。

例)
・会社の最新情報や歴史を紹介するサイト
・会社の採用活動を支援するサイト
・プレスリリース
・会社のサービスや活動内容を紹介するサイト

上記のようなサイトを複数時間差で立ち上げ、コンテンツを随時追加していきます。

実際に行った逆SEO対策で成果は出たのでしょうか?

実際に行った逆SEO対策で開始から3ヶ月目に問題となるネガティブサイトの押し下げに成功しました。

逆SEO対策は成功したら終わりなのでしょうか?

逆SEO対策は成功しても問題となるサイトが削除されるわけではありません。また、検索エンジンのアルゴリズムが変更されることで、問題となるネガティブサイトが再度上位に表示される可能性もあるため、継続して追加したサイトをチューニングしていくことを推奨しています。

風評被害についてプロに相談

企業の風評被害対策は自社で行うことも可能ですが、 専門的な分野も多く含むため、 どのように対策をしていけばよいかわからない場合、 お気軽にお問い合わせください。

ネクストリンクの紹介

当社はウェブマーケティングに特化した広告会社として2006年に営業活動をスタートし、 インターネット領域での皆様の「困った!」を解決すべく、 2009年よりインターネットの誹謗中傷・評判管理対策サービスを開始し 平時・有事を問わず多くの企業をサポートしています。

ブランドチェッカー
現在の検索結果の状況と潜伏するネガティブサイトを調査し、 定期的な検索結果の監視および報告を行うサービスです。

検索結果最適化
「ネガティブサイトへの対応」「検索結果に対する対応」「定期的なWEB 監視」を複合的に行うことで、 インターネット上に存在するネガティブな情報によって懸念される様々なリスクをトータル的に軽減し、 検索結果の状態を最適化するサービスです。

ネガティブキーワード対策
検索エンジンで予測されて表示されるネガティブなサジェストキーワード、 検索した内容に関連して表示されるネガティブなキーワードを対策するサービスです。

今すぐお問い合わせ
誹謗中傷対策に役立つ情報やツール・マニュアル無料プレゼントキャンペーン

知らないと怖い!Webレピュテーション対策-原因から対策まで2022年版

ページTOPへ戻る