Googleの検索候補削除(非表示)マニュアル【2024年度版】
0120-550-555 些細なことでも遠慮なくご相談ください
Googleの検索候補削除(非表示)マニュアル【2024年度版】

Googleの検索候補削除(非表示)マニュアル【2024年度版】

Googleの検索候補は、Googleの検索エンジンがユーザーにより正確で有益な検索結果を提供するために採用している機能の一部です。 検索候補は、ユーザーが検索クエリを入力する際に、入力中のテキストに基づいて表示されます。

本記事は、このGoogleの検索候補が表示する仕組みや削除(非表示)する方法を解説します。
以下、本記事で紹介するGoogleの検索候補削除方法一覧表になります。
↓↓↓

Googleの検索候補削除方法一覧

削除方法 可否 概要
ユーザー(自分)のブラウザ設定からGoogleの検索候補を削除 × ブラウザ設定やGoogleアカウントの設定で変更可能だったが、現在(2024年2月現在)は機能廃止。
ユーザー(自分)のブラウザ設定からGoogleの検索候補履歴を削除 検索候補の履歴を削除は現在(2024年2月現在)でも可能。
自分以外の検索ユーザーに表示されるGoogle検索候補を削除 他の検索ユーザーに表示されるGoogle検索候補や結果を個別に制御することは不可。
ただし、不適切なワード(プライバシーに関する情報など)であればGoogleに削除申請は可能。
もし削除拒否された場合、自分以外の検索ユーザーに表示されづらくする「サジェスト対策」というサービスが存在し、対策費用相場は月額5~10万円

Googleの検索候補が表示される仕組みは?

Googleの検索候補が表示される仕組みは以下のとおりです。

入力予測(オートコンプリート):
ユーザーが検索ボックスにキーワードを入力すると、Googleはその瞬間から入力予測を生成し始めます。
これには、過去の検索履歴や一般的な検索クエリの傾向が反映されます。
入力予測(オートコンプリート)
人気のあるクエリ(急上昇ワード):
Googleは大量の検索データを分析し、人気のあるクエリやトピックを特定します。
これに基づいて、ユーザーが入力し始めたクエリに対して関連性が高いと考えられる候補を提案します。
人気のあるクエリ(急上昇ワード)
スペル修正:
入力中に誤字脱字が検出された場合、Googleは正しいスペルの候補を表示します。
これにより、ユーザーが意図した検索結果を得るのに役立ちます。
例)「ほんにゃく」と入力
スペル修正例
地域や言語の適応:
ユーザーの地域や言語に合わせて検索候補を調整することで、より適切な結果を提供します。
例)東京で「日本橋」と入力
地域や言語の適応例(東京)
例)大阪で「日本橋」と入力
地域や言語の適応例(大阪)

出典:Google

参考:Google のオートコンプリート候補の仕組み

これらの要素は、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、迅速で正確な検索結果を提供するためのものです。
検索候補はリアルタイムで更新され、ユーザーの入力に追従して変化します。


Googleの検索候補を削除(非表示)する方法は?

Googleの検索候補を削除(非表示)する方法は、ユーザーのブラウザ設定やGoogleアカウントの設定で変更することができましたが、現在(2024年2月現在)は機能廃止されています。
一つの方法として、ブラウザのプライバシーモード(シークレットモードなど)を使用することで、検索履歴が保存されなくなります。

ただし、これはブラウザの設定として適用され、検索候補を直接制御するものではありません。
なお、検索候補の履歴を削除することは現在(2024年2月現在)でも可能となっております。

検索候補の履歴を削除する方法

1.ブラウザを開き、何かしら検索し、右上のクイック設定(歯車)をクリックします。
検索候補の履歴を削除01
2.「検索履歴」を選択します。
検索候補の履歴を削除02
3.「削除」の中からすべて削除する、もしくは期間を指定して削除することができます。
検索候補の履歴を削除03

出典:Google


自分以外の検索ユーザーに表示されるGoogle検索候補を削除する方法は?

残念ながら、他の検索ユーザーに表示されるGoogle検索の候補や結果を個別に制御することはできません。
前述の「Googleの検索候補が表示される仕組み」でも紹介しましたが、Googleの検索結果は、ユーザーの検索クエリに基づいて動的に生成され、パーソナライズされており、個々のユーザーのブラウジング履歴、検索履歴、地理的な位置などが考慮されています。

ただし、プライバシーに関する情報を非表示にするための方法はあります。
例えば、Google検索で表示される結果に対して、不適切なワードであればGoogleに報告することができます。

削除申請方法の詳細は下記で解説しております。
Googleサジェストの削除申請方法

なお、Googleに報告したとしても必ず対応してくれるわけではありません。
あくまでGoogleの判断に依存します。

特にプライバシーに関する情報以外の不適切なワード、たとえば「○○ やばい」などは削除に応じない傾向にあります。


Googleに報告しても削除に応じてもらえない場合は?

前述に紹介しましたが、プライバシーに関する情報以外の不適切なワードをGoogleに報告しても、削除に応じない傾向にあります。
特に削除に応じない傾向にある不適切なワードは、Googleの検索候補に多数表示されることが、当誹謗中傷対策センターの独自調査結果で示しております。

Googleサジェストの風評被害ワードTOP5

サジェスト汚染!?Googleサジェストの風評被害ワードTOP3

このような不適切なワードを排除した場合には、自分以外の検索ユーザーに表示されづらくする「サジェスト対策」というサービスが存在します。
「サジェスト対策」は主に風評被害対策やSEO対策に知見のある専門業者が取り扱うサービスです。

対策費用は検索ワードやに専門業者よってことなりますので、あくまで目安ですが月額5~10万円が費用相場となります。
なお、成功報酬型としてサービスを提供する専門業者も存在しますが、難易度が高い検索ワード※には不向きです。

※難易度が高い検索ワードとは?
検索数が多い急上昇ワードや、直近でメディアへ取り上げられた不祥事などに関する候補ワードを制御することは困難です。

理由はリソースを注力するから受託費用をもらうのが一般的な取引ですが、成功報酬型の場合、着手金でもない限り、リソース確保の優先度が低くなるからです。
もし「サジェスト対策」を専門業者に依頼する場合には、上記の点を考慮し、優良な専門業者を選びましょう。

今すぐお問い合わせ
メディア掲載

風評被害の悩みを抱えている
企業担当者様へ

  • 今まで風評被害対策・誹謗中傷対策を自社で行ってきたが、まったく成果が出ない
  • 社内にノウハウがなく思いつきの行動で対策をしてきた
  • ある程度の期間運用を続けてきたが効果を感じることができない

上記のようなお悩みがありましたら、 風評被害・誹謗中傷対策を専門に行っているプロの対策の運用を検討してみませんか?

創業から15年、サービス開始から10年が経過し、4万件以上のお客様の対応に当たってまいりました。 数多くの対策を積み重ね実績をあげてきたプロが、 成功体験から導き出されたノウハウを活用し、個々のお客様にあわせた最適な対策を提案いたします。

まずは、サービスページをご覧ください。


サジェスト対策のメリット・デメリット

ページTOPへ戻る