Twitterの削除方法とその手順 | 誹謗中傷対策センター
0120-550-555 些細なことでも遠慮なくご相談ください
メインビジュアル

Twitterの削除方法とその手順をご紹介

現在、携帯電話やスマートフォンを保有している人口は全人口の約5割となっており、年齢別で見てみると、20~29歳が最も多くなっています。SNSの利用率に至っては、20代は、約9割が利用しているという結果が出ています。

数あるSNSの中でも、Twitterの利用率はとても高く、利用者はなんとアメリカに次ぐ2番目となっており、大きなマーケットとしても注目が高い媒体です。 そうした背景もあり、近年、誹謗中傷を受けているなどの被害が増えています。本記事では、このTwitter投稿の削除方法から、削除依頼の方法を中心にご紹介いたします。

Twitterとは

Twitterは、2006年にサービスがアメリカで開始され、現在では、世界の月間利用ユーザー数は3億万人以上と言われています。 日本での月間利用者は4,500万人と言われており、様々なSNSがある中で、LINEに次ぐ2番目の規模となっています。

Twitterの特徴

他のSNSと大きな違いとして、1回の投稿に関して140文字以内と入力できる文字数に制限があります。文字以外にも、写真や動画も投稿することが可能です。投稿をすることで、誰かに読んでもらいたい、反応して欲しいというユーザーもいますが、独り言のように何気ない発言を投稿をするユーザーも多数いる事から、投稿することを「つぶやく」などと言われます。

検索サイトとしての利用価値

Twitterは、リアルタイムにいろんなことを手軽に投稿している事もあり、検索サイト並みの情報量が投稿されています。 最近では、この莫大な情報から、自分の知りたい情報や意見などを集めるために、Twitterを利用するユーザーが増えています。

こういった経緯もあり、アカウントは開設しているものの、何も投稿したことも、リツイートした事もない。というユーザーも数多くいるのも現状です。

リツイート機能で爆発的な拡散力

Twitterには、「リツイート」という機能が存在します。この機能は、投稿に共感した、みんなに読んで欲しいなど、投稿をシェアできる機能です。 ごく一部の人でしか読まれていなかった投稿が、このリツイート機能で拡散され色々な人に読まれる現象を、バズるなどと言われています。

この拡散力は、他のSNSよりも高いことから、現在では、商品の宣伝や、番組の紹介などに利用する企業が増えています。ですが、その反面、個人情報を晒されてしまっている、誹謗中傷を受けているなどと、ネガティブな事に利用されてしまっていることも確かです。


投稿を削除するには

投稿方法はとてもシンプルで、内容を入力し「ツイート」ボタンを押すだけで、リアルタイムで反映される仕組みです。 もし、間違ってツイートしてしまった、内容を変更したいという場合は、下記の方法で削除することが出来ます。

1.削除したいツイートをクリックします。

Twitterトピック

2.右上の「…」のマークをクリックします。

Twitterトピック

3.表示された項目から「削除」をクリックします。

Twitterトピック

出典:Twitter

削除できるのは1件ずつとなっているので、削除したいツイートが複数ある場合は、この操作を繰り返します。

誹謗中傷などを受けている投稿を削除するには

自身で削除できるのは、自身が投稿した内容だけになっています。 もし、他人から誹謗中傷を受けている、個人情報が特定されるような発言をされているので削除して欲しい。という場合は、該当の投稿者に対して、直接、削除依頼の連絡する方法と、Twitter社へ削除を依頼をする方法があります。

直接、投稿者に対して連絡するのがとても手っ取り早い方法ではありますが、依頼をしたことで、さらに、批判されてしまった。という事例も数多くあります。ですので、Twitter社へ削除を依頼する形がよさそうです。

また、証拠として、削除依頼をしたい該当ページなどをスクリーンショットなどで保存しておくことをおススメします。

削除依頼は、下記の方法で行う事が出来ます。

1.お問い合わせページをクリック

2.トピックを選ぶ 「Twitterおよびセンシティブなコンテンツを安全に使用する」をクリックする。

Twitter問い合わせ

3.問題となっている項目を選択

Twitter問い合わせ

出典:Twitter

4.フォームに必要事項を入力し送信をクリック

注意点

この削除依頼から、削除される期間は、数日から1ヶ月前後かかると言われています。 削除依頼の申請をしている間も、該当の投稿は表示されたままなので、さらに拡散されてしまう事も予想されます。 また、必ずしも削除されるとは限りませんので、この点、注意が必要です。

対応が難しい場合は専門の業者に相談を

誹謗中傷にあっている投稿を、そのまま放置しておくと、爆発的な拡散力を持つTwitterでは、瞬く間に拡散され、炎上騒動へと発展する事もあります。企業にとっては、売上が減少、デマ情報まで投稿されてしまうなどの風評被害に繋がる可能性もあるので、早急な対応が求められます。

もし間違った対応をしてしまうと、トラブルに発展してしまう場合もありますので、どのように対応を進めて良いのか不安な場合や、対応する件数が多い場合などは、専門の業者に相談をしてみるのがよさそうです。

今すぐお問い合わせ

まとめ

今回は、Twitterの削除方法をご紹介いたしました。 自分の投稿に関しては、削除することは可能ではありますが、その投稿が拡散されてしまった場合は、取り返しがつかなくなります。

短い文字数だからこそ、表現がシンプルになってしまい、誤解を生んでしまうこともあります。 フォロアーも数人しかいないし、知っているのは知人だけだから、何を投稿しても大丈夫。ということではなく、世界中の人に閲覧されるという認識を持つ必要がありますね。

誹謗中傷対策に役立つ情報やツール・マニュアル無料プレゼントキャンペーン

レビュー・口コミサイトの誹謗中傷・風評被害に受けた場合の対策

ページTOPへ戻る