03-5949-3951
インターネット上の業務妨害から会社を守るには。

社員・従業員によるブログ・掲示板・SNSなどへの社内情報の漏洩への対策

社内の人間が掲示板やブログなどを不満のはけ口にして、 問題のある書き込みを行う例が急増しています。
社員・従業員が一般には開示されていない情報をブログや掲示板に書き込みしてしまうという情報漏洩も増えています。
勤務状況や職務内容など、社内の情報をブログや掲示板で開示してしまう事例が後を絶ちません。

社内の情報を開示されてしまうのは以下のように様々なリスクが発生しますので、早めに対策を行うことが必要です。

従業員のロイヤリティの低下
離職率の増加
求人応募者の減少
クライアントの不信感につながり取引停止

当社では、このような社内の人間が原因となって問題が発生しているケースをいくつも対応してきました。 書いた従業員を特定するのは難しいですが、まずは周知と注意をすることで書き込みを減らします。 書き込みのペースを落とすために不満の原因を先に解決するといった対応もときには必要です。

不用意な削除依頼は状況を悪化させることがあります

メールで削除の依頼をして、その依頼内容を掲示板やブログに転載されてしまうことで、 さらに問題が拡大してしまうという被害が発生しています。

たとえば2ちゃんねるでは、削除ガイドラインに沿っていない削除依頼は自動的に却下されます。 また、削除依頼専用の掲示板に依頼内容が掲載されてしまうため、それがまた検索エンジンにヒットするなどして、 逆効果になってしまうことも少なくありません。

近年は掲示板、ブログ、SNS、Twitterなどのソーシャルメディアにより、 情報が拡散しやすくなっていますので、不用意な対応をするのは逆効果です。

サービス提供までの流れ

サービス提供までのフロー

ページトップに戻る
削除相談フォーム
個人情報管理体制
どんなことでお困りですか?
転職・新卒の企業情報収集方法
外部企業の企業情報収集方法
消費者の情報収集方法
風評被害度診断
お問い合わせはこちら

Copyright © 2009-2012 誹謗中傷対策センター All Rights Reserved.
風評被害・名誉棄損は誹謗中傷対策センターTOPサービス説明個人情報管理体制よくあるご質問お問い合わせ
個人情報保護方針特定商取引法の表記会社概要サイトマップ
株式会社アドリンク