03-5949-3951
インターネット上の業務妨害から会社を守るには。

問題は認識しているが、影響と被害の大きさがわからない

問題は認識していて、社内でも話題になっているが、実害がどの程度あるのかがわからないため、 対策に踏み切るまでにはいたらないという会社の方もいらっしゃるかと思います。 予想外に広い範囲に広がってしまう危険性もありますので、なるべく早く影響範囲を確認しておく

具体的な被害の算出方法についてですが、 検索したユーザーの順位別のクリック率がデータとしてありますので、そのデータと、御社の社名やブランド名で検索するユーザーの数から、だいたい何人のユーザーが問題のあるサイトを閲覧してしまっているのかを推測することができます。 検索してくれている、つまりすでに企業に興味を持っている人がネガティブな情報に触れてしまう率を計測し、それがどれくらい売上や問い合わせ数の減少につながってしまっているのかを計測します。

検索しているユーザーの数は、Googleのキーワードツールのようないったツールで調べることができます。当社で調べることもできますので詳しくはお問い合わせください。

サービス提供までの流れ

サービス提供までのフロー

ページトップに戻る
削除相談フォーム
個人情報管理体制
どんなことでお困りですか?
転職・新卒の企業情報収集方法
外部企業の企業情報収集方法
消費者の情報収集方法
風評被害度診断
お問い合わせはこちら

Copyright © 2009-2012 誹謗中傷対策センター All Rights Reserved.
風評被害・名誉棄損は誹謗中傷対策センターTOPサービス説明個人情報管理体制よくあるご質問お問い合わせ
個人情報保護方針特定商取引法の表記会社概要サイトマップ
株式会社アドリンク