03-5949-3951
インターネット上の業務妨害から会社を守るには。

事実無根の情報が流布されている

身に覚えのない事実無根の内容がブログや掲示板に書かれてしまい、それが拡散してしまっているという問題が発生していることがあります。

書かれている内容が事実かどうかを社内で確認し、もし問題が社内にあった場合はすぐに対応してください。

事実無根の内容だとわかった場合には、自社でそのような事実がないことを説明するようにすることが望ましいです。 自社で説明している記事を多くの人の目に触れるようにしておけば、誤解を減らすことにつながります。

ネット上でのなりすましの被害が増えてきていることからも、自社で継続的に情報発信していくことは ユーザーからの誤解を防ぐために効果的です。

サービス提供までの流れ

サービス提供までのフロー

ページトップに戻る
削除相談フォーム
個人情報管理体制
どんなことでお困りですか?
転職・新卒の企業情報収集方法
外部企業の企業情報収集方法
消費者の情報収集方法
風評被害度診断
お問い合わせはこちら

Copyright © 2009-2012 誹謗中傷対策センター All Rights Reserved.
風評被害・名誉棄損は誹謗中傷対策センターTOPサービス説明個人情報管理体制よくあるご質問お問い合わせ
個人情報保護方針特定商取引法の表記会社概要サイトマップ
株式会社アドリンク