誹謗中傷対策センター
ネクストリンクは、個人情報の取扱いが適正に行われていることを認定するプライバシーマークを取得しています。

インターネット上の風評被害や名誉毀損、被害対策


0120-550-555 些細なことでも遠慮なくお電話でご相談ください
口コミのサイトでの被害

口コミのサイトでの被害

ネット上でサービスを受ける場合の良し悪しをランキング形式で評価しているサイトなどがあります。 ランキングサイト「クチコミランキング!」では製品だけでなく、各種サービスやサイト自体のランキングもあります。特徴として良い評価と悪い評価がまとまって表示されているために、悪い評価ばかりが多いと自然と顧客を逃しかねません。

インターネット上の「口コミ」はそれに対してのレスポンスがないことがほとんどです。 とある研究によれば、インターネットを利用している人の大部分がネット上では情報を読むだけにとどまっており、こうした情報を得るだけのユーザーのことを、サイレントユーザーと呼んだりしています。

サイレントユーザーはインターネット上で「サイレント」なだけであり、ネット上で得た情報をどこで伝えるかがわかりません。 悪評などを閲覧しネット上では黙ったまま、口頭で友人などに伝えていくとなると、やはり結果として悪評を書かれた側は静かに顧客を減らすことになります。 サイレントユーザーの人数は把握しきれないことからも、口コミサイトに投稿されたコメントに対しても対応が必要です。

・不動産口コミサイト掲示板での被害
検索バーで住所を入力するだけで、周辺の情報などや写真まで見えてしまう現代のインターネットですが、不動産会社が運営する物件情報サイトも昔よりオープンになり、今ではマンション名からはじまり、間取り、賃料などが一目でわかるようになりました。 不動産物件の口コミサイト「マンションコミュニティ」「スマッチマンション」「マイスミ」「リビティ」などはマンション名ごとに掲示板を設けて口コミを寄せており、物件を探している人にとってはとても便利と言えます。

しかし、すでにそのマンションに住んでいる人や大家・また管理会社にとっては、その掲示板の内容がすべてプラスに取れるとは限りません。 不動産には事故物件など非常にデリケートなケースを抱えることがあります。これは極めて稀なケースで、周りに影響はないので心配する必要はありません。

ですが、そういったネガティブな内容を掲示板に書かれてしまうと、いつまでも残るために「そのマンションは事故があった」とずっと印象付けられてしまいます。口コミは予想外のところに広がるため、その物件の空室続きの原因にもなりかねません。 掲示板に悪評を書かれた場合は、早急な対応が必要です。

・飲食店検索サイトでの被害
忘年会や誕生日会やパーティーを開くとき、飲食店を探すために検索サイトを利用ことが当たり前になってきています。スマートフォン向けのアプリも登場しているため、これから更に気軽に利用する人が増えるでしょう。

「食べログ」や「ぐるなび」「ホットペッパー」など、お店を利用した感想を投稿出来るような検索サイトでは、味やサービスの他、スタッフの態度やお店の清潔さ、メニューのコストパフォーマンスなど、様々な事柄が投稿されています。最大限のサービスでお客様をおもてなししていても、お客様が一人でも「不味い」「きたない」などと投稿してしまうと、真実でなくとも他の投稿閲覧者がお店に悪いイメージを抱いてしまいます。

近年は、お店を選ぶ際のポイントとして「口コミや感想を重視する」傾向が高まってますので、そうした中でのお店に対する悪評は、顧客減少にダイレクトに響きます。検索サイトのレビューは特に注意し、対策が必要です。

もちろん事実である指摘はしかたがなく、その部分を改善していくことが解決策になりますが、事実無根のことが書かれて悪い印象になってしまうというリスクがあります。

デマを発見したら、拡散を防ぐために早めに対策を行うことが肝要です。時間の経過とともに事態を収拾するのが難しくなっていきます。 一度も来店したことがないお客様に悪い印象を持たれてしまうことを防ぐためにできることをしていきましょう。

・化粧品口コミサイトでの風評被害
特に女性がサイト検索するものの一つとして、化粧品があげられます。美容のためによりよい製品を探すために、化粧品に関するレビュー、口コミを参考にする人がとても多くなってきています。 企業からの製品情報よりも、実際に製品を使用した人の感想や評価を重要視する人が多いために、口コミでの製品に対するネガティブな発言は風評被害の大きな要因となります。

化粧品は特に一人一人の体質が違うために評価も一定ではありません。同じ製品でも合う人と合わない人がいるのは当然のことですが、それでもネガティブな意見はどうしても強い印象を与えがちです。 @cosme(アットコスメ)などの化粧品口コミサイトは、無料ブログサービスのようにメールアドレスがあれば誰でも参加でき、匿名性が高いサイトになっているため、意見が誇張されたり、誰が見ても誹謗中傷と取れるようなコメントも投稿されています。サイト内からは「chieco(Q&Aサイト)」に投稿できる仕組みになっており、ネガティブな質問や回答がずっと残るリスクもあります。

また、アカウント情報にはtwitterのつぶやきを表示できるようになっており、twitterで製品に対する不満などが投稿されても、サイト内で風評被害を呼び起こす可能性があります。 SNSサイトでは外部のサービスとの連携が盛んになってきているため、あらゆる切り口から対策をする必要があります。

・ホテル検索・予約サイトでの被害
旅行などで利用するホテルを自分で予約する際に、検索サイトを利用するお客様が増えています。 ホテルの検索サイトも年々増え、クーポンなどを利用して、お得に予約できるホテルも増えてきました。また、旅行を趣味にしている人をターゲットに、レビューや写真を投稿するような旅行に特化したSNSも出てきています。

旅行は特に思い出として残るものですので、検索サイトのユーザーは旅行で失敗したくないという思いから、ホテル側が発信した情報ではなく、写真や体験談など、実際に宿泊した人の投稿を特に重視します。 体験談の中でホテルにとって良くない意見や感想を書かれてしまうと、お客様は足を運んでくれません。

ホテル周辺の観光に関する情報などは季節によって情報が変化するため、ユーザー側で情報を統一することがとても難しく、偏った意見や間違った情報が掲載されるというリスクが伴います。 検索時と利用時の情報に違いがある場合、その違いをホテル側の責任と捉えて悪評を投稿するユーザーも少なくありません。常にホテルが検索サイトに掲載する情報は新しく、また正しいものである必要があります。 間違った情報から悪評につながることはよくありますので、注意が必要です。

・ウェディング情報サイトでの被害
一生に一度の大切なイベント、結婚式の会場は花嫁にとって一番重要なポイントです。 「ゼクシィ」や「ウェディングパーク」を始めとしたウェディング情報サイトでは、たくさんのレビューが寄せられています。中には下見だけの人・参列した人などからの感想などもあります。

誰もが同じ感情を抱くわけではないと思いながらも、自分が主役の会場を悪く書かれていてはいい気持ちはしないはずです。自然と評価の高い会場へ目が行ってしまいます。 「おもてなし婚」という言葉も出るほど、最近のウェディングはゲストを大事にする式が多く、ゲストからの評価が高い会場がお問い合わせ件数を集める結果となっています。

サービスや食事、アクセスに至るまでゲストはよく見ています。「おもてなし婚」だからこそのシビアな意見も多く、中にはクレームとも取れるほどの感想も見受けられ、誇張されているだろうと思われるものもあります。 そういった悪評ははお問い合わせ件数や下見の件数を減らしてしまう要因になってしまいます。結婚式会場の成約はまず、下見の予約数を獲得しなければ、件数は伸びていきません。 誤解を招く原因をつくらないためにも、ウェディング業界では常に誠実で質の高いサービスが求められます。成約していただいたカップルはもちろんのこと、当日参列するゲスト皆様にも十分なサービスが必要です。

・結婚相談所・パーティなどの会員情報の漏洩
結婚相談所やイベント会社主催のパーティなど、どんな内容なのかネットで検索して情報収集する人は多いと思います。

そんな中、結婚相談所やイベント会社の会員制サービスに加入している人が、お得な情報やイベント内容を具体的にレビューとして掲示板や自分のブログやサイトに書くことがよくあります。会員のみが受けられるサービスを受けたり、イベントに参加しているので、貴重な情報として閲覧する人は多いです。ですがその内容を悪く言ったり、誇張したり、事実無根の情報を流す人もいます。

結婚相談所などは出会いの場であるためか、実名で参加者やスタッフを中傷することもしばしばあり、その対象がパーティなどになると、パーティ自体が良くないイメージになってしまいます。 会社側が誤解されるようなサービスを提供していなくても、会員でない人にとっては謎の内容のままです。

まだ会員でないお客様がその内容について調べた際に、会員サービスについての悪評を見つけてしまうと、そのお客様が会員登録することはまずないでしょう。 「会員の登録解除」「新規会員獲得率の低下」を防ぐためにも、誹謗中傷対策は必要不可欠です。

誹謗中傷対策のお申し込みから対策開始までの流れ

STEP1 お問い合わせ・ご相談

まずは、お電話またはお問い合わせフォームより
お気軽に被害内容をご連絡ください。

STEP2 お見積り

ご連絡いただきました被害内容について、担当者より
お電話またはメールにてお見積りいたします。

STEP3 お申し込み・ご契約

お見積り内容をもとに具体的な対策内容を担当者より
提案させていただきます。提案内容をご確認いただき
正式なご契約となります。

STEP4 対策開始

対策内容に基づいて技術担当者により対策を
開始いたします。

STEP5 進捗状況のご報告

月末にレポートを作成し、ご提出いたします。
レポート内容にて対策状況をご確認いただけます。

企業への誹謗中傷対策のご相談はこちら 0120-550-555
資料請求・メールでのご相談 お問い合わせ
料金をお知りになりたい方 無料お見積り

誹謗中傷対策センター

関連記事の一覧はコチラ

人気記事ランキング

資料請求・メールでのご相談
料金をお知りになりたい方
2ちゃんねる対策
レビュー・口コミ・情報サイト
検索結果対策
ブログサイト・個人サイト対策
ミクロサーチ
転職・新卒の企業情報収集方法
外部企業の企業情報収集方法
消費者の情報収集方法
代理店パートナー募集
誹謗中傷対策センターブログ
 

当サイトでご記入いただく個人情報は、SSL暗号化通信により保護され、
全て暗号化されて送信されます。

プライバシーマーク

ネクストリンクは、個人情報の取扱いが適正に行われていることを認定するプライバシーマークを取得しています。

プライバシーマークについて
個人情報保護方針

あなたの悩みはどれですか?


▼口コミ・掲示板・レビューのお悩み ▼自社HP・自社ブランド商品HP関連 ▼社内の取り組みのお悩み ご不明点がありましたら下記からご質問くださいませ。
資料請求・メールでのご相談
料金をお知りになりたい方
ページトップ
誹謗中傷対策センターTOP個人情報管理体制サービスよくあるご質問お申し込みまでの流れ会社概要ブログ
個人情報保護方針特定商取引法の表記クッキーの利用について会社概要

プライバシーマーク プライバシーマークは、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制が整備され、
個人情報に関するJIS規格に準拠している事業者であることの証明です。

Copyright © 2009-2014 誹謗中傷対策センター All Rights Reserved.
ネクストリンク株式会社